qwqwレッツゴースポーツ サイクリング  and ダイエット インデックスページ
平成29年01月11日現在、WEBページ制作中
TOPインデックス>エアロビクス運動

サイクリング ダイエット 消費カロリー エアロビクス運動 リンクetc


エアロビクス(有酸素運動)で脂肪と糖質を燃やそう!


有酸素
運動って何?


 答え:それは酸素を使って脂肪と糖質を燃やす運動の事です。

     脂肪と糖質は運動のエネルギー源として体内に貯蔵
     されていて、これが過剰にあると「おでぶちゃん」な
     わけです。

     エアロビクス運動は効率よく、楽に脂肪と糖質を
     消費させる(燃焼させる)事ができます。

     一般的には、「身体に軽い負荷をかけながら、ある程度の間、
     継続して行う運動」の事を言いジョギングやサイクリングなどが
     これに当てはまります。

     循環器、内臓などの改善がはかられ、脂肪代謝、糖質代謝も
     改善され健康な体になります。

     一般、普通の人は有酸素運動と無酸素運動を組み合わせて
     行う事により脂肪と糖質を効率よく燃焼させる事が可能になり
     ます。

     アスリートやトップクラスの運動選手・高い運動能力が必要と
     される人々には有酸素運動だけでは不十分です。


無酸素
運動って何?


 答え:それは酸素を使わないでグリコーゲンを乳酸に変えて
     エネルギー源とする運動です。


     主にふんばるような、息を止めて力むような運動の事です。
     ゼイゼイハアハア息しているような運動もこれに入ります。

     筋肉は増強され筋肉質的な体になります。

     脂肪と糖質は使われずダイエットには直接関係しません。

     しかし筋肉は平常時でも多くのエネルギーを消費するので
     筋肉(筋力)を付け、基礎代謝エネルギー量を増やす事で
     ダイエットには効果があります。

     アスリートやトップクラスの運動選手・高い運動能力が必要と
     される人々には無酸素運動によって筋力や心肺能力を高め
     さらに有酸素運動を加える事によってトレーニング効果が
     高まります。

     ゼイゼイハアハア息をしているような運動を長時間継続して
     行えば筋肉が相当な量のエネルギーを有酸素運動より消費
     します。

     でもゼイゼイハアハア息をするような運動を普通の人が1時間
     も継続してできないので有酸素運動と組み合わせてやると
     効率が高くなります。


エアロビクス
心拍数

エアロビクスの
運動強度



  マフェトン理論の180公式というのがあります。
  180−(自分の年齢)=有酸素運動最大効率心拍数

  この有酸素運動最大効率心拍数までが有酸素運動の最大強度で
  この心拍数を超えると無酸素運動の領域です。

  この有酸素運動を4ヶ月くらい継続してエアロビクスベースの
  ある体になってください。

  体に負担が大きい人は水泳などのローインパクトエアロビクスを
  お勧めします。


エアロビクスベースの
体ができた人の
練習方法



  約1時間のトレーニング。
  
ウオームアップ、クールダウンは必須です。

  最初15分くらいかけて、平常時心拍数から有酸素運動最大効率
  心拍数まで上げるウオームアップを行う。
  (血液が内臓などから筋肉へ重点配分される。)

  次に、有酸素運動を85−90%、無酸素運動を15−10%と
  組み合わせた運動を行う。
  (血液が筋肉で重点的に使われる。)

  例:5分ゆっくり走ったら1分スピード走する。5回インターバルする。

  最後に15分くらいかけて平常時心拍数まで下げるクールダウン
  を行う。
  (血液が筋肉から内臓などへもどされ平常時状態に戻る。)

お問い合わせはこちらからどうぞ。


このページのトップへジャンプ




Copyright 2000-2017 z KAWAKAMITadashi Co.,Ltd All Right Reserved
These contents are brought to you by z logistics Co.,Ltd.