用語の解説=航空保安施設
平成30年05月05日現在、WEBページ更新中
航空保安施設
航空法第2条第4項
「電波」、「灯光」、「色彩」、または「形象」、により航空機の航行を援助するものをいう。
---
「航空保安無線施設」、は電波により航空機の航行を援助するための施設。
「航空灯火」は、灯光により航空機の航行を援助するための施設。
「昼間障害標識」は、昼間において航行する航空機に対し、色彩または形象により航行の障害となる物件の存在を認識させるための施設。

「航空関連・勉強用・用語リスト」に戻る




Back to v z Top Index
Copyright 2000-2018 z KAWAKAMITADASHI.