地震予想Webサイトby Dr. Viktor Bokov

いつでも完全に当たってるとはいえませんが予想的中率高いです。
何かの参考にしていただければ幸いです。
1
地震は地球上、毎日、どこでも、いつでも、起こっています。

2
下記に地震予想情報を記す。

予想がなければ地図上には
何も表示されていない。
3
おまかな

2日前の地震予知情報

北半球の地図が表示されシンボルの
ある所で地震が予想される。

M4-5 = 青●
M5-6 = 緑●
M6-7 = 紫●
M7up = 赤●

4
より正確な
予想1日前
上記を修正した1日前の地震予知情報

北半球の地図が表示されシンボルの
ある所で地震が予想される。

M4-5 = 青●
M5-6 = 緑●
M6-7 = 紫●
M7up = 赤●

5
情報ソースのURL
All the information is protected by the patent of Russian Federation
the chief of the department: Dr. Viktor Bokov

Mail to Dr. Viktor Bokov (viki333@rambler.ru)
6 上記Webサイトの直訳和文
7

あなたには、直近2日間の北半球における地震の知らせを聞くめったにないチャンスがあります。

ここで私たちはビジターが尋ねた予測に関して質問のいくつかについて説明します。

表示している予測はすべての予測と同様な確率見積りです。

5%まで減少しますが、操作の地震学のサービスとのこの目的の余分な試験と相互作用のために実行することができなければならない何らかの不確定があります。


残念ながら、私たちには、現在の瞬間に、そのようなサポートがありません、そして、それは震央の場所と地震の力の予測に重要な影響を与えます。

地震学者は、地球と電離層(いくつかのグループで結合することができる)で様々な前触れを使用することで持続して予測をしています。

 緊張の測定と表面の傾きで制限されたタグは1日に関係づけられます。

 2番目のグループと、私たちは岩圏ガスの排出に基づくすべてのタグを関係づけるつもりです、水のレベルの変化、様々な頻度に関する超音波雑音。

  3番目のグループに、電磁現象とそれらで制限されたすべての顕現を関係づけるのは可能です。

 4番目のグループは、電離層で制限されたタグに接続されて、衛星から地球の表面での観測で検出されます。

 私たちが考えて、単に電離層の登録があっても岩圏で制限されるのが地震の予測に必要であったなら、地球のすべての層に起こる過程の試験は非常に重要です。

 この声明は太陽活動の登録を基礎づけながら、私たちの予測(予測のjustifienceに関する見積り)の好成績に よって立証されます、

 気圧の惑星の配分、空気の温度、地球と電流の地震学の状態の回転運動の速度の変化。

 それがアンダーラインを引くのに必要である、地震学者によって使用されたすべてのタグが異なった度に大気中に向かっているのは処理されます(特に2つのもののタグ、3と4グループ)。

 例えば、その後の変化が現在でガスの排出岩圏とgroundwatersの日の出は大気と海洋からの衝動について密接に太陽活動の憤慨するパラメタの到着への地球の応答につなげられます。

 電気現象はすぐに、大気の電場に縛られます。 電離層で頻繁に観測されたエネルギッシュなparticals降水量は対流の大気中の過程の下降流に縛られて、それは、表面でロードしながら、エキストラで与えられています。

 したがって、地震学者は持っていません、そして、大気中の過程の影響の登録なしで表面地震の簡潔に呼ばれた予測の信頼できる方法を持たないでしょう。

内部の理解に関しては、地球の地震学者の過程は頻繁にSolarシステムの惑星を見ます。
(理論的で観測で部分的な上で)。

 しかしながら、それらはまだ大気に表面地震に関連していません。

 しかし、既に、それは知られていて、井戸がある惑星のそれは大気(地球と金星)を進行して、強い地震は毎日、ほとんど起こります。

 弱いだけである大気のない惑星では、深発地震は起こるかもしれません(月、火星)。
 一方、それは惑星の地震度合いへの大気の不可欠の影響を立証します。

 私たちはすべての地球のスペースに関する気象学の性能の分野を使用します。

 地震の危険な領域で、ユニークな特権は空間的になります--

 どんなにそれぞれ地震学のモードを調節しなさいても、それは各領域への地震の予測がsynopsicsで受け入れられたアプローチに基づいてされる理由です。

 したがって、また、私たちはseismo要約的な状態で方法を呼びました。

 2年より少ないseismo要約的な方法に基づいて、様々の地震が強制するいくつかの数百が予測されました。

 地震(予測のjustifienceに関する見積り)を保持することに関する情報を得た後に、予測は工員に見積もられました。

 しかし、私たちがaサイトUSGS(30日間の地震)におけるすべての地震に関するレポートの何地震5-7日も、より遅い後到着のmeasuringsと予測を比べたとき、

それは震央のサイトの予測のjustifienceが頻繁に85%に達しましたが、その結果、地震の力が2-3回の時代に時折より弱かったと確信していました。

 親愛なるビジターへ、
あなたはそれで地震に関する情報の収集の私たちの毎日のページとセンターを見るかどうか容易に確信するでしょう。

 予測に関する例のセットに与えるのが可能ですが、私たちは数個の最近の知られているケースだけについて話すつもりです。

サハリン(インターネットで露出されたカード)の9月1日の地震は1日間、予測されました。
(サハリンの9月1日)
1月9日--Tadjikistanの地震--2日間露出されたカード--
     (Tadjikistanの1月9日) .
1月16日(台湾における地震、1日間露出されたカード)
     (1月16日の台湾)
2002年6月22日。 - NWイラン(2日間露出されたカード)における地震--
     (2002年6月22日のNWイラン)

1か2つの地震の危険な領域だけで予測を向けるのがかなり改良することができるなら、 それがアンダーラインを引くのに必要でありその地震は非常に合成している自然現象です。

 発生は時間の可変性の様々な全域の要素と先史のかなりの数に依存します。

 私たちはいくつかの科学的指示に関する合流点のときにこのseismo要約的な方法を作成しましたが、完全な具体化が先にあります。

 したがって、それは、少しが強い地震の予測を知りながら人口の通知と人口の活動で他のアプローチに噛み付いたと推測します。

 最も重要なものは70%さえにおける要素のショックに予測されて、準備をしていることです。

8 地震予知リンク集
9 CSEM/ESEM地震速報
10 アメリカUSGS地震速報
11 ロシア語・ロシア大学・地震速報
12
. 編集追記・平成20年12月15日 by Media United-Energy