動態視力

子供の動態視力(インターネット調べ)

ロングトスバッティング練習のすすめ

3つの視力
視力には中心視力、周辺視力と動態視力がある。 
(動態視力は眼科用語では無い。)

中心視力

周辺視力

動態視力


中心視力は一般的な視力である。
(眼科で視力を計測する、視力1.2というもの)。


周辺視力(視野)においては子供の視野は大人の半分ほどしか無い。
(普通、眼科では計測しない。航空身体検査などで計測する。)


子供の動態視力は大人と比較して著しく低い。 
(計測する装置や方法を筆者は知らない)

子供は向かって来る車は止まって見える。
(動いている、という認識が残らない。見たものはすべて停止していると認識している。)

網膜

視細胞密度

水晶体


目の大きさ、網膜の中にある視細胞の密度の濃さ、水晶体の動きなどで、
この3つの視力が決定される。

子供はこの大部分が未発達である。

目の大きさ=周辺視力に関係。

視細胞の密度=中心視力に関係。

水晶体の動き=動態視力。

動態視力
動くものをきちんと見ることのできる視力、この目の動きを動態視力という。

ボールをあつかうスポーツ選手は、すべて、この動態視力にすぐれている。

野球選手に、動態視力がないと、見送り三振したり、エラーしたりするようになる。

スポーツビジョン
動態視力をスポーツビジョンとも言う。移動する一つの物体を追い続ける能力である。

3つの要素 野球で打率を向上させ、力強くヒッティングするためには、

1.動態視力と、

2.ボールが来ているポイントにバットを持ってこれるバットコントロールと、

3.遠くへボールを運ぶスイングの3つの要素が必要です。

バッティングの
向上

動態視力の向上させる練習は、とにかく前から向かってくるボール(移動物)を見る以外に無し。

バットコントロールを向上させる練習は力を入れずに軽く降って脳からインナーマッスルへの神経伝達経路を開き、まず反射神経を作る。

次に反復練習を行い、条件反射を無条件反射に置き換える。

遠くにボールを運ぶスイングは、物理的に、ボールの進行軸とバットの打面の角度が直角で、バットがボールに与える力学時間が長く、打球にバックスピンがかかれば遠くへよりよく飛ぶ。

この3つの要素の向上がバッティング向上となる。

結論
動態視力が向上しない限り
バッティングの向上は有り得ない。


子供のバッティング練習は

動態視力向上の為、

バント練習と

ロングトスバッティング練習から入るべきである。

特に、低学年・野球初心者においては
バント練習を優先的に実施すべきである。




インデックスに戻る。



2000-2017 Copyrights Mr.KAWAKAMI Allrights Reserved.