用語の解説=VDP
平成30年05月05日現在、WEBページ更新中
Visual Descending Point=目視降下点
非精密進入。直線進入。VOR/DMEアプローチの目視降下点である。
最終進入経路で、方位情報と距離情報を「VOR/DME」で同時に入手できる場合のみ。
このVDPに達した時、IFR機が滑走路を視認して安全に降下できると判断した場合、正規の降下角に乗って滑走路の延長線上を正しく、目視進入できるように設定した空間の1点である。
周回進入には適用しない。直線進入のみ。(ストレートイン.ランディングのみ)
VOR/DME最終進入コースと滑走路延長線上となす角度は10度以下。
通常、「PAPI」のグライドパスと「MDA」と高度ラインと交差した点がVDP。
「PAPI」が接地されていない場合は滑走路末端から300m内側の地点から3度の角度のパスとMDAと交差した点がVDPとなる。
IFR機がMDAを維持してVDPのDME距離まで来て、滑走路や進入の為の灯火を視認できたら降下進入してもよい。
もし「VDP」で滑走路や進入の為の灯火を視認できない場合は、おそらくミストアプローチとなるであろう。

「航空関連・勉強用・用語リスト」に戻る




Back to v z Top Index
Copyright 2000-2018 z KAWAKAMITADASHI.