用語の解説=TACAN
平成30年01月01日現在、WEBページ更新中
Tactical Air Navigation
軍事用に開発、設置された。
軍の前線基地や艦船に搭載が容易。小さい。アンテナはドラム管程度。民間VOR局は直径25m以上。
VOR/DME局と同じ機能を持つ。だけど作動原理は全く異なる。
機上DME装置を使用して、TACAN局からの距離を知る事ができる。
VORと併設されて、「VOR/TAC」と呼ばれる局もある。方位(VOR)と距離(TACAN)が同時にわかる。
民間の飛行機の機上VOR装置はTACAN局からの方位は得られない。
通常3文字の識別符号で、普通末尾が「T」
UHF帯を使用し、パルス方式。

「航空関連・勉強用・用語リスト」に戻る




Back to v z Top Index
Copyright 2000-2018 z KAWAKAMITADASHI.