用語の解説=ILS

平成30年01月01日現在、WEBページ更新中
Instrument Landing System
ILSは精密計器進入装置である。
着陸進入機に対して、方位(横)情報と、高度(降下角)情報を教える事ができるVHF無線標識である。
DME、マーカービーコン、並びにコンパスロケーターの1つまたは2つ以上が付帯施設として構成される事で距離情報を与える事ができ、これでフルILSの機能を発揮する。
<高度情報を提供できない、(表示できない)場合これをローカライザー(LLZ)という。
ローカライザー(LLZ)は方位(横)情報のみを教え(表示する)、非精密進入として使用する。

「航空関連・勉強用・用語リスト」に戻る




Back to v z Top Index
Copyright 2000-2018 z KAWAKAMITADASHI.