用語の解説=計器飛行方式

平成27年05月04日現在、WEBページ更新中


計器飛行方式
常時、管制機関の指示に従って飛行する方式。
離着陸時の最低気象制限がある。それ以外は視程ゼロでも飛行可能。
気象状態が、IMC/VMC、に関わらず飛行できる。
管制圏、管制区以外でも、許可を受ければ飛行可能。
(花巻、秋田、種子島、但馬など第3種空港など。)
「RVR」の観測値が当該飛行場の最低気象条件より低い場合には、航空機は離陸、又は着陸のための進入を開始してはならない。



Back to Aviation Index page




Back to v z Top Index
Copyright 2000-2017 z KAWAKAMITADASHI.
IFRインデックスへ戻る。
Copyright 2000-2017 z KAWAKAMITADASHI.