用語の解説=「計器飛行」
平成30年01月01日現在、WEBページ更新中
計器飛行
計器飛行とは航空機の、「姿勢」、「高度」、「位置」、および「針路」、の4つの測定を計器にのみ依存して行う飛行。
要するに、雲の中を飛行するような事である。
計器航法とも、計器飛行方式とも違う。
実際の計器飛行を行うためには、パイロットは「計器飛行証明」を有していなければならない。
ただし過去の経験で、操縦する日から遡って180日間までの間に6時間以上の計器飛行を行わなくてはならない。
運輸大臣が認定したフライトシュミレータも過去の経験に含まれる。(モーションあり等。)
模擬計器飛行でも過去の経験になる。
計器飛行の練習の監督者(計器飛行証明を有する適正な有資格パイロット)がいる場合は計器飛行の練習ができる。

「航空関連・勉強用・用語リスト」に戻る




Back to v z Top Index
Copyright 2000-2018 z KAWAKAMITADASHI.