主題: ワインドアップ

学童野球の実際ではセットポジションからの投球を薦めます。

ワインドアップは軸が安定せず、セットポジションに比べて格段に難しい投球方法です。

近年プロ野球でもセットポジションからの投球が増えているのはこの理由からです。

一連の投球モーションの中で膝を上げてからは同じ動作であり、ワインドアップしようがセットポジションからであろうが大差ありません。

ワインドアップ投法は難しい投球方法であると覚えておいてください。


コントロールの良くなるワインドアップ。
軸足から頭頂まで垂直になっており軸の傾きが発生しにくい。
この軸が安定せずぐらつくとコントロールも悪くなる。

後はキャッチャーミットから目を離さないようにすれば
概ねコントロールは落ち着きます。


ワインドアップした時に軸が後ろに傾いてしまった状態。

この状態からではこの軸を一旦前に持ってきて垂直にしなおさなければならず、
常に軸がぐらつき不安定な軸となる。結果コントロールが悪くなる。


インデックスに戻る。



2000-2017 Copyrights Mr.KAWAKAMI Allrights Reserved.