川上コーチの独断と偏見の「監督・コーチ」少年野球指導者覚え18カ条
1.
日々、子供達の成長と行動を注意深く観察すべし。

子供の才能の発露を発見すべし。

2.
子供の健康と安全を第一に考えるべし。

準備運動も子供と同時に行うべし。

練習前の子供の変調に気を使うべし。

3.
ピッチャー投球数原則。

Cチーム(4年生以下)の試合では投球数50球でピッチャー交代。

Bチームでは70球、Aチームでは100球で交代させるべし。

練習でストライクが入れば 試合でピッチャーをやらせてみるべし。

ピッチャーを多く育成すべし。己ずと練習内容が構成できる。

4.
昔の間違った練習方法を即刻止めるべし。

30分インターバルで練習を工夫すべし。

昔、監督・コーチらが年配者達に行われた練習方法に疑問を持て。

熱中症に気をくばり、子供の成長の度合いに注意すべし。

5.
子供を誉めて育てよ。 怒鳴るばかりでは萎縮してしまうばかりである。

どなりつけて育つ子供は誰もいない。

6.
怒鳴ってばかりいる指導者は無能と見られている事を自覚すべし。

怒鳴る指導者は自分の自らの指導方法の稚拙さを恥じるべし。

強豪チームの監督コーチらは静かで寡黙である。

7.
コーチや保護者とよく意見交換・説明などを行い意思疎通、風通しを良くすべし。

尊敬される立場の人間あればこそ頭を垂れ、腰を低く、日々勉強。

8.
子供達とチームのために滅私奉公すべし。

子供が王様である。監督コーチは子供の下僕。

9.
グラウンドで自分の子供だけ見るのでは無く、周囲の他の子供やその子の保護者の事も考えるべし。

自分の子供しか見れない監督・コーチは指導者を辞めるべし。

10.
下手な子供を上手な選手にしてこそ本物の指導者と心得るべし。

センスのある子供は勝手に伸びる。教えなくても自ら伸びる。
下手に指導して才能をつぶすな。

11.
地域全体がチームの行動に耳をダンボ状態である事を意識すべし。

悪い噂は千里を一夜で走る。

12.
子供同士のイジメに注意を払うべし。裏で泣いている子供に注意すべし。

イジメッ子に注意。

13.
新規入部の学童・選手獲得のための活動を怠るべからず。

チームは9人以上いないと登録すらできない。

14.
監督・コーチ・指導者はチーム全ての選手、その保護者、兄弟、家庭、祖父母、に気を配るべし。

勝手きままに備品や揃えの物品を決めるべからず。入部の際の金銭負担の大きさで
入部させない保護者も多い。

15.
監督はチーム代表によって選任される存在である。

自己推薦、保護者推薦では結果的に尊敬される監督になれない。

監督は尊敬される立場・職位・である事を自覚すべし。

16.
ユニフォームを着てグラウンドで野球する子供に下手はいない。

指導者の指導の方法が未熟なのである。

スカタンコーチがスカタン選手を作り出している事を肝に命じるべし。

常に勉強。

17.
少年野球のチームの監督などドえらく、しんどい仕事を引き受けようとする者は心底、子供大好き、野球バカな人間である事を自覚すべし。

18.
試合に勝てば子供の手柄、負ければ監督・コーチの責任である。

試合に負けて大声で子供を叱責罵倒し、なおかつ腹いせにしごきもどきの猛特訓する監督・コーチは大馬鹿者で排除すべきである。

自分らの指導の結果が 試合に現出しただけである。叱責罵倒されるべきは自らである事を自覚すべし。

自分らの指導の稚拙さを恥じるべし。

得られるのは子供の笑顔だけ。を自覚・覚悟すべし。

背番号30番、29番、28番の責任は重いのである。

監督・コーチ・がんばってください。


インデックスに戻る。



2000-2017 Copyrights Mr.KAWAKAMI Allrights Reserved.